こんにちは!たろうです。

 

先日、フットボールではなくフットサルチームの指導をしたんです。

もちろんスキル指導ではないですからね^^;

私は蹴り技に関してめっぽう弱いので。笑

 

クイックネス向上のトレーニング指導です。

 

しかもそのチームめっちゃ面白いんです。

たった一人のプロフットサル選手が所属チームを辞め、本気の人を集めて本気で頂点を取りに行くチームなんです。

 

毎週チーム活動をドキュメントタッチでYoutubeに更新しているので、良かったら観てみてください!

ちなみに私の指導風景も今度1話作っていただけるそうです^^

【目指せFの頂】
https://www.youtube.com/channel/UCr6hEJVlAON6G0zWD1UD8Uw

 

フットサルリーグは一般参加のチームが、都道府県予選から都道府県大会 → 関東大会のような感じで勝ち進むと、全国大会でプロのFリーグチームに挑戦する権限を与えられるんです。

 

このチームは一番下の大会から始め、プロチームを倒しFリーグの頂点を目指しているんです。

しかも本気で。

 

めちゃくちゃ熱くないですか?

 

こういうチームに助力することができて本当に光栄です。

クイックネスの指導だけでなく、色々と伝えさせていただきました!

 

ということで今日は「クイックネスアップに必要なこと」ですね。

 

クイックネスアップの原則

試合で使えるクイックネスを身につけるためには3ステップがあります。

 

まず一番は「足の動きを早くすること」

足が速く動かすには反射的な作用の動きを繰り返し行うことが必要になります。

身近なところでは「ラダー」がそう。

 

ラダーに関しては日常的にやっているということもありサボる人が多いです。

しかし、ラダーは少しでも抜いたらやる意味がないんですよ。

 

今よりも早い足の動きを身に付けようとしているのに、力を抜いたら自分の限界は超えられません。

だから常に本気で。

それを繰り返せばステップの速さは自ずと身につきます。

 

そして次に「目標物のある切り返し動作」

DBやLBが行うコーンドリルが想像しやすいかと。

 

足数の多さを増加させた上で切り返し動作を行い、実戦に近い状態を身体にい覚えさせていく。

これが2ステップ目。

 

最後が「リアクション」。

指示や相手の動きでとっさに切り返し動作を行うような練習で、より実戦に近い動きが完成します。

 

このような流れで実戦していけば、実戦の中でのクイックネスが向上することは間違いなしです!

ただすぐに身につくものではないですよ^^;

 

『根気と継続』

 

何事もこれですね。

 

それではまた!

 

●考えるスキルブック(祝200本突破!!)
多くの方にご指示いただいている動画レッスンコンテンツ紹介

【vol.1 実践WR編】

考えるスキルブック第1弾!!実践WR(ワイドレシーバー)編②

【vol.2 実践DB編】

考えるスキルブック第2弾!!実践DB(ディフェンスバック)編②

【vol.3 セルフコーチング編】

考えるスキルブック第3弾!!セルフコーチング編②

【vol.4 実践OL編】

考えるスキルブック第4弾!!実践OL(オフェンスライン)編②

【vol.5 実践DL編】

考えるスキルブック第5弾!!実践DL(ディフェンスライン)編②

【vol.6 実践RB編】

考えるスキルブック第6弾!!実践RB(ランニングバック)編②

【vol.7 実践LB編】

考えるスキルブック第7弾!!実践LB(ラインバッカー)編②

【vol.8 実践QB編】
2019年8月21日(水)先行発売開始!!