こんばんは、たろうです!

 

フットボールにおいてスピードは大事ですよね?

昨日までスピードを鍛えた方が良いですよとお話をさせていただきました。

 

▼スキルポジションならやるべき【其の一】

スキルポジションならやるべき【其の一】

▼スキルポジションならやるべき【其の二】

スキルポジションならやるべき【其の二】

 

ただですね。

実際のプレイの中では、それ以上にアジリティである

敏捷性を使う場面の方が非常に多いですよね?

 

そのため今日は敏捷性を上げる方法について

お話をしたいと思います!

 

 

敏捷性とは、【素早さ+正確性】のこと。

つまり素早く正確に体を動かす能力です。

 

こういった運動能力は子どもの頃に非常に伸びます。

だからといって高校生以上になったら伸びないわけではないので安心してくださいね!

 

まず【素早さ】を上げるには筋肉の話から。

 

これも一種の【速さ】なので速筋を鍛えることが大事。

筋力トレーニングをする際は挙上スピードを意識して取り組んでいきましょう!

 

ただこれだけでは敏捷性は上がりません。

もう一つの重要なことがあるのです。

 

それが【神経】です。

 

素早く動ける限界動作を神経に覚させていくことで、

筋肉と同じように成長していくことができます。

 

この【限界動作】というのが実は一番大事なポイント。

 

例えばラダーなどで自分が動ける速さの中で、

限界でやり続けていかないと素早さは上げられません。

 

少しでも力を抜いてしまうと体が温まるだけで

素早さを上げるトレーニングにはなってくれないんですよ…

 

フットボールの練習でもプラントなど素早さを必要とする練習をしている最中でも、

少しでも力を抜いていると素早さには効果が出てくれません。

 

【常に全力で体を動かすこと】

これが素早さの神経を鍛える唯一の方法なのです!

 

 

そして敏捷性のもう一つの特徴である【正確性】

これは神経一択です。

 

例えば目の前にある物を取ろうとしたときにミスすることはないですよね?

これと同じことです。

 

ステップ練習時などに正確さを意識することでそれを徐々に神経が覚えます。

結果、無意識に体が正確に動けるようになりますよ!

 

 

以上のようなことを反復練習していくことで敏捷性がアップします!!

 

細かいステップはどのポジションでも使うスキルですよね?

こういうことも意識して常日頃からトレーニングをしていきましょう!