こんにちは!たろうです。

 

先日の大学指導。

最近の若者のファッションセンスに驚愕しました・・・笑
https://www.facebook.com/multiplayer27

というのは置いておいて。

 

今日の指導の中で「ちゃんと理解してる?」ってことが起きました。

今日はそのことをシェアしたいと思います。

 

練習を一通り見ていたのですが問題は練習のあと。

練習の中で上手くいかなかったことをひたすら確認してました。

ここまでは素晴らしい姿勢です。

 

でもですね。

その内容が問題なんですよ。

 

その内容というのは『4−4のときの4タテでどうやって止めるか』

しかもですね体型は両サイドにWRが2人ずつのバランス体型。

そして止めたいのはインサイドレシーバーみたいなんです。

 

これハッキリ言って止められないですね。

SFがCov.2の状態からスカイしてCov.3の4−4になるのであれば止めようはあります。

 

しかし、最初から4−4ーの状態だとインサイドレシーバーのLBの裏のゾーンは止めきれないんですよ。

LBが頑張って下がれば止められる可能性はありますが、ただ横に広が流だけでは取ってからタックルかSFの反応が余程良くてどうにかなるかもってところなんですよね。

 

そもそも4−4の特徴としてはランプレイに強い。

そしてOLBはアウトサイドレシーバーを強めに見ながら下がるので、インサイドレシーバーにリルートをできないんです。

上手くやるテクニックはもちろんあります。

 

ただ、リルートをしようとするとアウトサイドレシーバーのショートパスに間に合わなくなります。

ショートパスを捨てて4タテが来たら必ずリルートするようにチーム独自でシステムを変えれば対応は可能。

でもそれを無しにベースの考えで4−4の場合に4タテをどうにか止めるのは至難の業なんです。

 

このようにシステムというものは万能なものではないです。

強みがあれば弱い部分もあります。

そういったことをきちんと考慮して相手の特徴やシチュエーションで使い分けられると勝利がまた一歩近づきますよ!

 

『システムの強さと弱さを知る』

是非この考えをしっかり持ってくださいね^^

 

それではまた!

 

●考えるスキルブック(祝450本突破!!)

多くの方にご指示いただいている動画レッスンコンテンツ紹介

【vol.1 実践WR編】

考えるスキルブック第1弾!!実践WR(ワイドレシーバー)編②

【vol.2 実践DB編】

考えるスキルブック第2弾!!実践DB(ディフェンスバック)編②

【vol.3 セルフコーチング編】

考えるスキルブック第3弾!!セルフコーチング編②

【vol.4 実践OL編】

考えるスキルブック第4弾!!実践OL(オフェンスライン)編②

【vol.5 実践DL編】

考えるスキルブック第5弾!!実践DL(ディフェンスライン)編②

【vol.6 実践RB編】

考えるスキルブック第6弾!!実践RB(ランニングバック)編②

【vol.7 実践LB編】

考えるスキルブック第7弾!!実践LB(ラインバッカー)編②

【vol.8 実践QB編】

考えるスキルブック第8弾!!実践QB(クォーターバック)編②