こんにちは!たろうです。

 

今夜は相模原は雷雨がすごいです。

 

そして今週の天気・・・。

本当に雨ばかりでやめていただきたい。

 

撮影が進みません!!神様の意地悪(T ^ T)

この影響で指導祭りが中止続出・・・。

 

くそーーー!!

気合が入っていても天候には敵わないですね^^;

 

さて今日は「ミラールートの狙い目!!」について。

 

これを抑えれば大抵大丈夫!!

ミラールートという言葉自体はご存知ですか?

 

これはオフェンス体型で左右両方にパスターゲットが2人ずついるときに主に使うパスコースを言います。

例えば両サイドにWRが2人ずついてインサイドが5ydアウト、アウトサイドが10ydポスト。

これは両サイドのWRが同じルートを走りますのでミラールートと言えます。

 

要はCを中心に鏡合わせの要領で左右が同じルートを走ればOK。

これが「ミラールート」です。

 

もちろん片側でも両サイドでもインサイドWRでなくTEでも同じことですよ。

時にはプロIでも片側にRBを走らせれば成り立ったりします。

 

このようなミラールートは基本的にどんなカバーが来ても、必ず誰かを狙えるように組み立てるものです。

例えば先ほどの

・インサイド5ydアウト
・アウトサイド10ydポスト

この場合の狙い目はCov.2が来たらインサイドの5ydアウト。

 

アウトサイドの10ydポストはSFにカバーされるので、インサイドが曲がった瞬間にパスを投げます。

そうすればCBにタックルされても必ず5ydはゲインできますよね。

 

Cov.3や4の場合はキーディフェンダーが絡んできます。

キーディフェンダーとはパスを投げる際にどちらのWRに投げるかチョイスするためのキーになるディフェンスのこと。

上記のパスの場合はOLBです。

 

もしOLBが下がっていたら10ydポストは投げられないので5ydアウトへ。

逆にOLBが外に開いていたら10ydポストを狙います。

 

ちなみにミラールートではSFがディスガイズで上がってきたサイドは狙わない方が良いです。

フラットが幅広く守られてしまいキーディフェンダーの動きが読みづらいため。

そのためプレイ開始直後は必ずどんなときも一瞬SFを確認しましょう。

 

ではマンツーマンが来た場合はと言うとこれはケースバイケース。

ディフェンスがどのようなセットかなども絡んできますし、WRに対する信頼関係もあります。

 

このようにミラールートはゾーンカバーの場合にどこでも狙えることが大前提となります。

 

そしてもう一つ。

先ほどのCov.3・4の例のように、フラットを守るディフェンダーを挟むように作るとさらに成功率が上がりますよ!

 

Cov.3・4のときのOLBの場合はインサイドがショートアウトサイドがロング。

Cov.2であればインサイド狙い。

Cov.3・4であればキーディフェンダーでチョイス。

 

Cov2のときのCBの場合は

インサイドがロング、アウトサイドがショート。

狙いは上記の逆。

 

ミラールートをマスターすればドライブできる確率が上がるので参考にしてみてくださいね^^

 

初戦までもう少し。

頑張っていきましょう!!

 

それではまた!

 

●考えるスキルブック(祝200本突破!!)
多くの方にご指示いただいている動画レッスンコンテンツ紹介

【vol.1 実践WR編】

考えるスキルブック第1弾!!実践WR(ワイドレシーバー)編②

【vol.2 実践DB編】

考えるスキルブック第2弾!!実践DB(ディフェンスバック)編②

【vol.3 セルフコーチング編】

考えるスキルブック第3弾!!セルフコーチング編②

【vol.4 実践OL編】

考えるスキルブック第4弾!!実践OL(オフェンスライン)編②

【vol.5 実践DL編】

考えるスキルブック第5弾!!実践DL(ディフェンスライン)編②

【vol.6 実践RB編】

考えるスキルブック第6弾!!実践RB(ランニングバック)編②

【vol.7 実践LB編】

考えるスキルブック第7弾!!実践LB(ラインバッカー)編②

【vol.8 実践QB編】
2019年8月21日(水)先行発売開始!!