こんにちは!たろうです。

 

今週はよく晴れてますが!

撮影の最終調整も順調でありがたいです。

 

しかし土日は雨・・・。

久しぶりに雨の日の試合を経験できそうです^^;

 

Xリーグ時代にジンクスのようなものがありました。

・横浜スタジアム
・アウェイユニフォーム

この条件が揃うと必ず活躍するんです。

 

そしてこれに「雨」という条件も加わると最強でした。笑

WRでは1試合160yd以上の捕球。

Rではすべて45yd以上ゲイン。

 

この条件の日は試合前に「今日はたろうが活躍する日だな。笑」なんて会話もチラホラ。

だから私は雨の日の試合は嫌いじゃないんですよ。

 

まあ、今週末は横浜スタジアムではないんですけどね^^;

 

さて今日は「RBとWRの違い」について。

 

RBとWRの決定的な違い

これを聞いて

「違うポジションだから当たり前じゃん!」

って思いますよね。

 

私も思います。笑

 

何が違うかというと走り方なんですよ。

大きく違うのはカットの切り方。

 

WRは直角に曲がってインやアウトのコースを走りますよね?

でもRBの選手にそれをやらせようとするとできないんです。

逆にRBのカットの切り方をWRにやらせようとしてもできないんですよね。

 

これは先述のとおり特性の違うポジションだから当たり前のこと。

でもこれを「ポジションが違うから」で済ませるには非常にもったいないんです。

 

X時代のチームメイトに学生時代に記録を作った有名なRBがいました。

彼は根っからのRBだったのですが、ある日スロットバックへのポジション変更が命じられたんです。

 

スロットバックと言えばほぼWRのポジションです。

最初はWRのコース取りなど全くできませんでしたが、

努力してなんとかWRの走り方を身につけました。

 

その後彼はRBへ戻ったのですが、走りが更に進化していたんです。

彼はこう言っていました。

「今まで頭で思っていたことができないことは多々あった。けど、WRを経験しそれができるようになった」

 

逆もまた然り。

私は高校時代RBです。

大学からWRへと転向し、現在のチームで2年間RBをやっていて今はまたWRです。

 

WRの方が圧倒的に経験は長いのですが、突如やることになったRBポジションにはその経験が生かされすぐに馴染みました。

むしろ私にしかできない走り方もあったと思います。

そのため、RBの経験が乏しくとも全然問題なかったんです。

 

さあ!

あなたはこれらを聞いて違うポジションだからできなくて良いとそう思いますか?

 

私なら両方できるようになりたいですね^^

 

それではまた!

 

●考えるスキルブック
動画レッスンコンテンツ紹介

【vol.1 実践WR編】

考えるスキルブック第1弾!!実践WR(ワイドレシーバー)編②

【vol.2 実践DB編】

考えるスキルブック第2弾!!実践DB(ディフェンスバック)編②

【vol.3 セルフコーチング編】

考えるスキルブック第3弾!!セルフコーチング編②

【vol.4 実践OL編】

考えるスキルブック第4弾!!実践OL(オフェンスライン)編②

【vol.5 実践DL編】

考えるスキルブック第5弾!!実践DL(ディフェンスライン)編②

【vol.6 実践RB編】

考えるスキルブック第6弾!!実践RB(ランニングバック)編①