fbpx

考えるスキルブック第6弾!!実践RB(ランニングバック)編②

▶︎ 考えるスキルブック Vol.6 実践RB編 Trailer

日本一・日本代表を経験したプロコーチ吉野太朗有が届ける!

 

あなたを飛躍させるRB(ランニングバック)ノウハウ。

走ることに磨きをかけた1対1のスペシャルテクニックや

要所で光るブロック力、

そしてWRをも兼任するかのようなパスルート取りなどをすべて公開!!

 

基礎的な動作のポイントから試合で使えるテクニックまで

あなたが欲しがっていたものを包み隠さずお伝えさせていただきます。
トッププレイヤーのノウハウがここに!


『考えるスキルブック vol.6 実践RB編』遂に公開!


かなり使えるテクニックばかりです!!

 

こんにちは!

吉野太朗有(よしのたろう)と申します。

 

 

相手を抜き去る方法が知りたい!!

 

どうやって相手と駆け引きをしたら良いのでしょうか?

どうしたらもっと上手くなれるのでしょうか?

 

細かい基礎をしっかり固めたいし、

とにかく実戦で使えるテクニックが知りたいんです!!

 

あなたがフットボールに対し熱い想いを抱きRBとして、

 

『さらに高みを目指したい』

 

と強く願うのであれば、

是非お力にならせていただけたらと思います。

 

 

私がトップリーグを戦い抜く中で使用していた

走力に特化した対人スキルだけではなく、

 

現役トップリーガーから入手した

RBとしての基礎から試合で使えるテクニックまで

ふんだんに集めさせていただきました。

 

さすがはトップリーグで活躍する現役選手。

 

私が知らないようなテクニックが

次から次へと出てきます。

 

私自身が知っているものでも

「そんなポイントがあったのか・・・」

と感心するほど。

 

何より驚いたとのは基礎力の高さ

 

やはりトップへ行けば行くほど基礎を大切にし、

いつまでもこだわって練習するものです。

 

この再現性しかない
効果実証済みの使える基礎から実践テクニックの数々を
全力であなたにお伝えさせていただきます。

 

試合で使える超実戦的なRBノウハウを
是非ご覧いただけたらと思います。

 

  • 「相手との駆け引きでどうしたら良いかわからない。」
  • 「きちんとしたテクニックを教わったことがない。」
  • 「見よう見まねでやってもポイントがわからない。」
  • 「そもそも基礎がなんなのかわからない。」
  • 「上手くいかない理由がわからない。」
  • 「いつもやられてばっかりで辛い。」
  • 「単純にもっと上手くなりたい。」

 

これらのような気持ちになったことはありませんか?

もしなったことがあるのであれば、その気持ちすごく良くわかります。

なぜならこれらはすべて私自身が過去に感じていたことだからです。

 

そんな私が何故、日本一を獲り日本代表候補に呼ばれるまでになったのか。

それにはターニングポイントがあったからです。

 

私は高校生で初めてアメリカンフットボール と出会いました。

人数の少ない高校でしたので、オフェンス・ディフェンス・キッキングすべて出っぱなし。

 

この頃はフットボールのルールでさえわかっているのか曖昧な状態でした。

 

先輩の動きを見よう見まねでやっていても、

何が良くて何が悪いのかすらわからない

それでもただ毎日が楽しかったです。

 

そして大学へ進学し、

そこで一年目に初代U-19日本代表として選んでいただくことができました。

相手と駆け引きもできなければテクニックなんて全然わからない。

オフェンスプレイですらきちんと理解できていなかったのですが、

単純に運が良かっただけなのかなと今では思います。

 

大学に入ってからは、

フットボールに対するコンプレックスが強くなったことを今でも鮮明に覚えています。

当時、大学自体は強かったのですが、

コーチからまともにテクニックを教わった記憶はありません。

先輩ですらまともに教えてくれませんでした。

ただただ毎日プレイの指摘をされるだけで、

ずっと悩み、もがき苦しんでいたんです。

 

そんな私に転機が訪れたのは大学3年になる春のことです。

当時日本一2連覇を成し遂げていたアサヒ飲料チャレンジャーズのWRの方が、

仕事の関係で近くに来ていたので、

コンスタントに教えに来てくれ流ようになりました。

 

初めて知るテクニックの数々に、

 

まさに目から鱗

 

それからは教えてもらったテクニックや知識をドンドン吸収し、

相手との駆け引きやオフェンスプレイ全体への理解を深めるなど、

考えながら日々フットボールに取り組むようになりました。

 

それまでといえば、ただ毎日練習をただこなすだけ。

とにかくフットボールが楽しくなっていったんです。

 

大学を卒業し、

私はXリーグ1部に所属する強豪チームに入団しました。

そこではさらにレベルの高いテクニックや知識などが飛び交っていて

ワクワクが止まらない状態。

多少上手いだけではレギュラー獲得も至難の業でした。

 

社会人3年目になり、再び私に転機が訪れます。

外人コーチがチームにやってきたんです。

 

本場アメリカで使われている私が

今まで知らなかったようなテクニックをたくさん教えてくれました。

 

もちろん、私は再び目から鱗状態です。

実直に教えを遂行していきました。

 

この年は春から試合に出してもらえるようになり、

レギュラーシーズンもフル出場。

見事ライズボウルを制覇し、

日本一を獲ることができました。

 

 

そして翌年にはそのシーズンでのプレイが評価され、

日本代表候補として呼ばれるまでになったんです。

 

その後も私は日本代表で得た人脈を活かし、

自分をさらに磨き上げるよう努力しました。

 

チームが変わりポジションが変更しようとも

私が常に高いレベルでプレイし続けられるのは、

こういった出会いのターニングポイントによるものです。

 

このようなターニングポイントを、

私があなたにお届けすることをお約束いたします。

 

 

 相手を上手くかわせない。

 相手に当たり負けてしまう。

 プラントやカットが踏めない。

 パスが上手く取れない。

 パスプロでいつも負けてしまう。

 いつもオープンに逃げてしまう。

 ブロックが上手くできない。

 よくファンブルしてしまう。

考えるスキルブック「実践RB編」が

これらすべてを解決します!!

 

 

基礎編では、各動きのポイントや練習方法についてご紹介します!

すべての動きはセットスタンスから始まります。

ベストなセットスタンスを作っていなければ、

良いスタートを切ることができません。

 

TBの2ポイントスタンス・FBの3ポイントスタンスだけでなく、

WRの位置にセットした際のセットスタンスまで

ベストなセットスタンスの作り方ご紹介します。

この章でお伝えするのはあなたに合ったセットスタンスの作り方です。

 

セットスタンスを作った時点からプレイが始まると言われるほど、

セットスタンスは重要です。

まずは何よりも自分だけのセットスタンスを手に入れましょう!

 

RBの見せどころは何と言ってもランプレイ。

そのランプレイのほとんどは、QBからハンドオフをでボールを受けてからの展開です。

 

「スムーズにボールを受け取るには?」

「スピードを落とさずにハンドオフを受けるベストな方法は?」

こういったことを解決する方法を伝授します。

 

スムーズなハンドオフはフェイクにも応用できます。

確実なハンドオフを身につけて、相手ディフェンスを困惑させましょう!

 

ランプレイで相手が狙うこと。

そう・・・ファンブルですよね。

 

最初にボールの持ち方を教わるにも関わらず、

ほとんどの人がボールの持ち方が甘いです。

ファンブルはボールセキュリティを念頭に練習を積み重ねることで、

極力減らすことができます。

 

この章では、ベストなボールの持ち方や

ボールセキュリティの練習方法についてご紹介します。

これらが身についたとき、

自滅でファンブルするようなことは100%無くなること間違いなし。

 

「こいつ全然ボール落とさねえな〜・・・」

って相手に思わせたくないですか?笑

 

ランプレイの際、

QBからのハンドオフだけがボールの受け渡し方ではありません。

トスやピッチなどQBの手元から放たれたボールを受けることもありますよね。

 

そしてRBはランプレイだけでなく、

パスプレイで活躍することも可能です。

 

ここではトスやピッチの捕球ポイントだけでなく、

パスキャッチについても細かくポイントを解説しています。

さらにはオススメの練習方法もご紹介します!

 

キャッチミスをしないRBは、

それだけでコーチや仲間から信頼されますよ。

絶大な信頼を得ませんか?

 

颯爽と相手を抜き去っていくランニングプレイは、

見ていてとてもカッコいいです。

 

「あんな動きできたら良いな・・・」

「マネしても上手くできないな・・・」

なんて思ったことありませんか?

 

相手を抜き去るには様々なカットやスピンムーブを習得する必要があります。

そしてそれにはちゃんと動きのポイントがあるんです。

 

この章では、様々なカットやスピンムーブのポイントについて解説しています。

そしてもちろんオススメの練習方法もご紹介しています。

 

カットやスピンをマスターし、

相手をガンガン抜き去りましょう!

 

ボールを持って走ったりパスをキャッチするだけではなく、

ブロックもするのがRBです。

 

オフェンスの中で何でもこなすマルチプレイヤー

それがRB。

 

ブロックといってもランプレイのときに行うブロックと、

パスプレイのときに行うパスプロの

2種類のブロックをマスターしなくてはいけません

そもそものプレイの種類が違うように

ブロックの方法も違うポイントがあります。

 

私の経験上、ブロックがすごいだけでも試合に出ている選手はたくさんいたので、

スーパーRBを目指してブロックも必ず習得しましょう!

 

実践編では、実際に相手との駆け引きを行うための実践的なテクニックについてご紹介します!

ランプレイにはいくつかの種類があります。

そのハンドオフの方法は全て違います

 

QBから直接受け取るハンドオフとトスやピッチの違いだけでなく、

狙うコースやタイミング、相手を騙す動きなどを総合してプレイは成り立つものです。

ただ単純に左右に動けば良いだけではありません。

 

セットスタンスから受け取るまでの間にどのようなステップを踏めば良いのか

この章では、一般的に知られている

ハンドオフのステップについて解説しています。

 

しっかりステップを意識しなければ、

その一歩の誤りでプレイが崩れてしまうかもしれませんよ。

 

RBのパスコースは種類は少ないです。

 

しかし、空中戦であるパスプレイを成立するために、

重要な一翼を担っていることは間違いありません。

 

あなたのコースの走り方一つで

パスの成功率を左右することだってあります。

特に走り出しのステップ相手とマッチしたときの駆け引きについて、

きちんと習得しておくことが重要。

 

この章ではRBで走ることの多い代表的なパスコースについて、

気をつけるべきこと走り方などについてポイントを押さえて解説しています。

 

あなたのコース取りでパスの成功率を「グン!」とあげましょう!

 

実際にフィールドに入りランプレイを展開するとき、

ブロックの方法は1つではないです。

 

相手との関係性、アサイメントによってブロックの方法は様々です。

相手を外に弾き出すキックアウト、

仲間をリードして守るリードブロック、

ロールパスの際に蓋をするブロックなどなど

多様なシチュエーションがあります。

 

この章では、RBで行うことのあるブロックの種類とそのポイントについて解説しています。

 

守られるだけでなく、

仲間を守ることもRBの大事な仕事です。

 

RBがボールを持ったとき、

そのほか10人があなたのために走路を開きます。

この10人の想いを背負ってあなたは走らなくてはなりません。

 

ただ、走路を開いてくれると言っても

必ず走路が空いているわけではありませんよ。

あなた自身が仲間を上手く使うことだって、

前進するためには非常に重要。

 

なぜなら、あなたが仲間を上手く使えば1・2ydだけではなく、

さらに10yd以上ゲインすることだって可能なんですから。

 

この章ではディフェンスをブロックしている仲間の使い方だけでなく、

プルアウトやリードブロッカーの上手い使い方についてもポイントを解説しています。

 

あなたが仲間を上手く使えてこそ11人で前進した気持ちが芽生えます。

仲間の絆を高めるためにも、

この方法はしっかり押さえておきましょう!

 

「リムーブタックル」そう聞いて理解できる人は少ないですよね。

これはタックルを外したり、かわしたりするためのテクニックです。

 

相手と1vs1になったシチュエーションで

ディフェンスをかわすことができるRBはとても心強いです。

 

そしてタックルを受けてもなかなか倒れないRBは

相手ディフェンスの心をへし折ることもでき、

メンタル面でも試合で優位に立つことができるます。

 

この章ではタックルを受けたときに外すテクニックだけでなく、

タックルされないために近距離・中距離・遠距離と

相手と自分との距離によって使えるテクニックをご紹介。

 

この方法を実践していけば、

今よりもタッチダウンに結びつく確率が跳ね上がります。

 

 

さらに・・・

RBとしてさらに高みを目指すための4個の無料特典もご用意させていただきました!!

 

 

マルチプレイヤーのRBですが、

何と言っても見所はやはりランニングプレイ

 

しかし、ただ闇雲に練習していても走力が向上するわけではありません

しっかりと身体に染み込んだランニングテクニックが無意識に出るからこそ

試合で活躍することができます。

 

この特典では、基礎編や実践編で収録したランニングテクニックの内容を

さらに高めてくれるドリルについてご紹介します。

 

日常の積み重ねは、時として最強の武器になるものです。

 

ブロックのときに、よく「パンチ!!」と言われますよね。

相手に対して強いパンチを繰り出すことが、

ブロックの1つの手段となっていることは間違いないです。

 

強いパンチを打つことができれば相手は無意識に恐怖心を抱き、

あなたに思い切り向かってくることができなくなります

 

ここで紹介するパンチの方法は今まで教わってきた概念を崩すかもしれません。

そんな手法をここではご紹介します。

 

多くのRBが求めてやまない「鋭いカット」

トッププレイヤーと言われるRBの方達は全員鋭角にカットを切ることができます。

 

「鋭角にカットを切るためにはどうしたら良いのか?」

その答えをお教えします。

このポイントを押さえて意識しながら練習を繰り返していけば、

あなたも必ず鋭角なカットを切れるようになります。

 

トッププレイヤーへの第一歩を進んでみませんか?

 

1試合で1度は観る光景がありますよね。

OLやDLがゴチャっと潰れている密集地帯へとRBが突っ込んで行き、

つまづいて転んでしまうシーン

 

「つまづかずに走り抜けらられればロングゲインだったかもな・・・」

と誰しもが経験したことはあるでしょう。

でももし、つまづく可能性が低くなると言ったらどうしますか?

 

この特典では、つまづかないようにするための「あるポイント」についてご紹介しています。

これを意識すれば転ばないだけでなく、

相手に絡まれているシチュエーションでも抜け出せるかもしれませんよ!

 

 

以上、これら合計4個の得点(動画+音声)を無料でお渡しさせていただきます!

 

 

 相手との駆け引きに強くなれます。

 実践的なテクニックが身に付き、今よりも確実にレベルアップします。

 ライバルと差をつけることができます。

 痒いところに手が届くかのように、今まで気づかなかったポイントがわかります。

 基礎力が身につきます。

 思考の整理がつき、思い切りプレイできるようになります。

 アサイメントの理解度が深まります。

 自身のポジションに対する考え方がわかります。

 より高い基準が持てるようになります。

 勝てなかった相手に勝てるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お支払いは銀行振込をお願いしています。

お申込み後、考えるフットボールの会より振込のご案内をご連絡いたします。

※万が一メールが届かない場合はドメイン設定や迷惑メールフォルダをご確認ください

 

 プロフィール

考えるフットボールの会会長 吉野太朗有(たろう)
プロフットボールコーチ・フットボール塾『Taro塾』主催

1981年10月4日生まれ 東京都出身
平成  9年 東京電気大学高等学校にてアメフトに出会う
平成11年 東京都代表選抜(当時RB)
平成12年 日本体育大学へ進学
同  年 クラッシュボウル出場(甲子園ボウル出場決定戦)
平成13年 初代Uー19日本代表選抜(当時WR)
同  年 クラッシュボウル出場(甲子園ボウル出場決定戦) 
平成16年 オンワードスカイラークス(現ノジマ相模原ライズ)へ入団
平成19年 ライスボウル出場日本一を経験(当時WR)
同  年 ワールドカップ日本代表候補選出(当時WR)
平成21年 オンワードスカイラークス廃部となりアメフト界初の地域密着型チーム相模原ライズへ
同  年 X2昇格(当時CB)
同  年 相模原ライズJr.チーム(現ノジマ相模原ライズJr.チーム)発足
平成22年 X1昇格(当時CB)
平成24年 ノジマ相模原ライズ退団
平成27年 JPFF立川ファルコンズへ入団しフットボールを再開
平成28年 JPFF東日本選手権優勝(当時RB & CB)
平成31年 JPFF全日本選手権優勝(WR)
平成31年 考えるフラッグフットボール・アメリカンフットボールの会を発足
★人気記事『私の想い』
http://multiplayer-no27-taro.com/omoi-467
→私がこの活動を発足した理由やフットボールへの価値観・思想をうたっています。

 

Copyright (C) 2019 考えるフットボールの会 All Rights Reserved.